PR
写真1●Windows 10を搭載した大画面デバイス「Surface Hub」
写真1●Windows 10を搭載した大画面デバイス「Surface Hub」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●Surface Hubを利用するイメージ
写真2●Surface Hubを利用するイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 日本マイクロソフトは2015年9月3日、Windows 10を搭載した大画面デバイス「Surface Hub」を同日から予約受付を開始すると発表した。会議室などに設置してホワイトボードやビデオ会議といったコラボレーション機能を利用できる。2016年1月から出荷開始の予定。

 100カ所のマルチタッチ、最大3つの同時ペン入力が可能な大画面ディスプレイ、フルHD(1080p)対応の前面ビデオカメラを実装。また、無線LAN、Bluetooth 4.0、NFC、有線・無線接続オプションをサポートする多様な端子群を備える。画面サイズは84型と55型の2種類。

 会議内容をホワイトボード機能で書き留めたり、遠隔地とSkype for Businessによるビデオ会議をしたり、ExcelやPowerPointの文書を共有しながら議論するなど、新しい形の会議やコミュニケーションが可能という。また、Windowsユニバーサルアプリを利用可能で、ユーザーの業務に最適なアプリを活用できる。

 参考価格(税別)は、55型が83万949円、84型が237万4059円。日本市場での販売は、「認定Surface Hubリセラー」として内田洋行、大塚商会、ソフトバンクの3社が取り扱う。

「Surface Hub」

MSがホワイトボードを作ったら