PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは現地時間2015年9月3日、地図サービス「Google Maps」のストリートビューを楽しめる単体の「Street View」アプリケーションを発表した。Google Mapsで公開されている360度画像を眺めたり、自身が撮影した360度パノラマ写真を手軽にGoogle Mapsに投稿したりできる。Android版iOS版がすでに入手可能。

 Street Viewアプリケーションでは、Androidスマートフォンや「iPhone」で手軽にパノラマ写真を作成し、直接Google Maps上で共有できる。リコーの「Theta S」や英NCTechの「iris360」といった全天球カメラを接続して、360度画像を投稿することも可能。

 Street Viewアプリケーションのギャラリーでは、世界中の観光地や名勝などでGoogleが撮影した画像コレクションや、一般ユーザーが公開したパノラマ写真を閲覧できる。

 iOS版Street Viewは、これまで提供していた「Photo Sphere Camera」アプリケーションを名称変更して機能を強化した。Android版Street Viewは、従来の「Street View from Google Maps」に代わるものとなる。

 地図関連サービスに関しては、米Appleが6月から、Google Mapsのストリートビューに対抗する独自サービスの開発に取り組んでいると噂されている(米VentureBeatの報道)。

[発表資料へ]