PR

 米Appleが現地時間2015年9月9日のイベントで発表すると見られている次期モデルの「iPhone」は「3D Touch Display」と呼ぶ感圧タッチセンサーを搭載するとApple関連情報サイト「9to5Mac」が報じ、これを複数の米メディア(The VergeForbes)が伝えている。

 次期モデルのiPhoneは、「MacBook」の一部モデルのトラックパッドや「Apple Watch」のディスプレイで採用している感圧タッチ「Force Touch」を実装すると以前より噂されている。Force Touchは指先で軽く触れるタップと強く押すプレスの違いを感知する。

 9to5Macが関係者から得た情報によると、次期iPhoneは強化したForce Touch技術をディスプレイに採用し、タップとプレスに加え、より強いプレス(ディーププレス)の3段階を識別する。

 3D Touch Displayにより、新しいユーザーインタフェースが展開される可能性がある。アドレス帳のリストをディーププレスして地図をプレビュー表示したり、ホームスクリーンのアイコンをディーププレスして各機能にすぐに移行できるメニューを表示したりといったことが考えられる。また、開発者が新しいゲームを開発する機会も広がると、9to5Macは指摘している。

 次期iPhoneは「iPhone 6S」「iPhone 6S Plus」の名称になるとの見方が多く、ローズゴールドを加えた4色展開になるといったさまざまな予測や噂が報じられている。iPhone 6Sなどと合わせて登場すると見られる大画面iPad「iPad Pro」(通称)にも3D Touch Displayが搭載される可能性がある。

 しかし、 3D Touch Displayの搭載はユーザーを混乱させる可能性があると、英Telegraphは懸念を示している。