PR
写真1●12.9インチの「iPad Pro」。iPad Air、iPad miniと大きさを比較したところ
写真1●12.9インチの「iPad Pro」。iPad Air、iPad miniと大きさを比較したところ
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●別売りの専用スタイラスペン「Apple Pencil」
写真2●別売りの専用スタイラスペン「Apple Pencil」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleは現地時間2015年9月9日、かねてより噂されていた大画面タブレット端末「iPad Pro」を発表した。12.9インチの「Retina」ディスプレイ(560万画素)を搭載する(写真1)。出荷は11月を予定している。

 64ビット「A9X」チップを搭載し、「M9」モーションコプロセッサを組み合わせる。ディスプレイの解像度は2732×2048ドット、ピクセル密度は264ppi。4基のステレオスピーカーを内蔵。800万画素の「iSight」カメラ、120万画素の「FaceTime HD」カメラを装備する。

 802.11ac、MIMOをサポートし、幅広いLTE帯域に対応する。1度の充電による連続駆動時間は10時間としている。

 別売りの専用スタイラスペン「Apple Pencil」は高度なセンサーを内蔵し、筆圧や傾きを感知して、詳細で自然な筆記や描画、デザインが行える。「Mail」「Notes」といった標準アプリケーションのほか、「Procreate」「Office for iPad」などの他社製アプリケーションでも使用可能。(写真2

 フルキーボードとカバーを一体化した「Smart Keyboard」も別売で用意する。スイッチやペアリング不要の新しいコネクター「Smart Connector」でiPad Proと接続する。

 米国での希望小売価格はWi-Fi専用32Gバイトモデルが799ドル、Wi-Fi専用128Gバイトモデルが949ドル、LTE対応128Gバイトモデルが1079ドル。カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレーの3種類。OSは次期モバイルプラットフォーム「iOS 9」を採用する。

 Apple Pencilは99ドル。Smart Keyboardは169ドル。その他カバーやケースを含む各種アクセサリーも11月に発売する。

 iPad Proのサイズや性能、アクセサリー類から考えると、プライベートで使うより職場で使用する方が理にかなっていると言えそうだ。ちなみに米Microsoftの12インチタブレット端末「Surface Pro 3」は、スタイラスペンが付属して約800ドルからとなっている(米Wall Street Journalの報道)。

[発表資料へ]

■関連記事
Apple、iPhone 6s/6s PlusとiPad Proの発表イベントを開催! iPad Proは11月発売