PR
写真●2006年に登場したMicrosoftの「Zune」
写真●2006年に登場したMicrosoftの「Zune」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは現地時間2015年9月16日、携帯音楽プレーヤー「Zune」向けの音楽サービスを同年11月15日で終了すると発表した。それ以降ユーザーは、サービスからZuneに音楽をダウンロードしたり、ストリーミング再生したりできなくなる。ただしZuneは単体のMP3プレーヤーとして使えるため、既存の楽曲を再生したり、他の機器との間で楽曲を転送したりすることはできる。

 また、Zuneのサブスクリプションサービスに加入しているユーザーは、10月15日から11月15日の間に新ブランド音楽サービス「Groove」のサブスクリプションに移行される。Grooveに移行した場合、これまでのように1カ月10曲を追加料金なしでダウンロードすることはできなくなるが、4000万曲以上の楽曲にアクセスできるようになるとMicrosoftは説明している

 Grooveは月額9.99ドル/年額99.90のサービス。パソコンのWebブラウザーや、Windows 10、Xbox One、Xbox 360、iOS/Androidアプリ、米Sonosのスピーカーで利用できる。Microsoftによると、Grooveへの移行を望まないユーザーはキャンセルすることができ、Zuneサービスのサブスクリプション期間が残っている場合、返金の対象となる。

 Microsoftは2006年にZuneを発売した。だが米メディア(PCWorldThe Next Web)によると、2008年時点におけるその累計販売台数は200万台にとどまり、米AppleのiPodの当時の月間販売台数であった約350万台には遠く及ばなかった。Microsoftは2011年にZuneの生産を打ち切り、2012年には後継の音楽サービス「Xbox Music」を始めている。また2015年はWindows 10のリリースに伴いXbox MusicをGrooveに改称した。

[ZuneのFAQページ]