PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Amazon.comは現地時間2015年9月17日、噂されていた廉価版タブレットや10型タブレットなど、一連のタブレット新機種を発表した。

 7インチのIPS液晶ディスプレイ(解像度は1024×600ドット)を搭載した新しい「Fire」タブレットは、希望小売価格が49.99ドル。1.3GHzのクアッドコアプロセッサを搭載し、ユーザーインタフェースを向上したAndroidベースの独自OS「Fire OS 5(Bellini)」を採用する。

 本体サイズは191×115×10.6mmで、重量は313g。200万画素のリアカメラとVGAフロントカメラ、最大128Gバイト拡張可能なmicroSDカードスロットを装備。バッテリー寿命は最大7時間。

 カラーはブラックの1色のみ。5台買うとさらに1台無料で入手できる。

 HDディスプレイ(解像度は1280×800ドット)を搭載した「Fire HD」タブレットでは、8インチの「Fire HD 8」と10.1インチの「Fire HD 10」が加わる。いずれも薄さ7.7mm。最大1.5GHzのクアッドコアプロセッサを搭載し、OSはFire OS 5。

 500万画素のリアカメラと720p HD対応フロントカメラ、最大128Gバイト拡張可能なmicroSDカードスロットを装備。バッテリー寿命は最大8時間としている。

 Fire HD 8はブラック、マゼンタ、ブルー、タンジェリンの4色展開で希望小売価格は149.99ドルから。Fire HD 10はブラックとホワイトを用意し、229.99ドルから。

 また、Fireタブレットの子供向けエディション「Fire Kids Edition」も投入する。2年間の交換保証付きで99.99ドル。

 これらFireおよびFire HDの新モデルは9月30日の発売を予定している。

 そのほか同社は、セットトップボックス(STB)「Fire TV」とスティック型映像配信端末「Fire TV Stick」の新モデルも発表した。4K Ultra HDをサポートした新しいFire TVは希望小売価格が99.99ドル。ゲームに特化した「Fire TV Gaming Edition」は専用ゲームコントローラーが付属して139.99ドル。10月5日に発売する。

 新しいFire TV Stickは音声認識機能を組み込んだリモコンが付属し、音声によるタイトル検索のほか、天気予報やスポーツの試合結果、渋滞情報を調べることも可能。希望小売価格は49.99ドルで、発売は10月22日。

 いずれの製品も、すでに注文の受付を開始している。

[発表資料(50ドル未満のFireタブレット)]
[発表資料(8型・10型Fire HDタブレット)]
[発表資料(Fire Kids Edition)]
[発表資料(新Fire TVと新Fire TV Stick)]
[発表資料(Fire TV Gaming Edition)]