PR

 米Googleは現地時間2015年9月27日、インド国内の400にのぼる駅で公衆無線LANを提供するプロジェクトについて明らかにした。インド鉄道および傘下の通信事業者RailTelと協力する。

 数カ月以内に無料Wi-Fiの提供を開始し、2016年末までに100駅でのサービス展開を目指す。その後、400駅に順次拡大していく。

 最初の100駅は特に乗降客の多い駅を対象とし、1日あたりの利用者は合計で1000万人以上にのぼる。接続速度は、インドのほとんどのインターネットユーザーが使用するアクセスより「何倍も速い」としている。

 GoogleのSundar Pichai最高経営責任者(CEO)によると、インドでは約1億人が昨年初めてインターネットを使用し、同国インターネット人口は3億人に達する。それでも10億人近くが、いまだにオンライン環境を享受できずにいる。

 Googleは、「次の10億人がオンラインを利用し、Web全体、そしてすべての情報や機会にアクセスできるよう支援したい」としている。

 鉄道駅でのWi-Fi提供は、行政および国民のデジタル化を推進するNarendra Modiインド首相の構想「Digital India」に沿ったもの。Modi首相は先週末、Google本社でPichai氏に会ったほか、米AppleのTim Cook CEO、米FacebookのMark Zuckerberg CEOなども訪問している(米New York Timesの報道)。

[発表資料へ]