PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleは現地時間2015年9月28日、最新スマートフォン「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を合わせた発売後3日間の販売台数が1300万台を突破したと発表した。過去最高だった前モデル「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」を上回り、最速記録を樹立した。

 AppleはiPhone 6sおよび同6s Plusを、米国や日本、中国を含む12カ国/地域で9月25日に発売した。9月12日に予約受付を開始した直後から好調に注文数が伸び、「当初の販売台数が過去記録を上回る見込み」と述べていた(関連記事)。

 2014年9月に発売したiPhone 6および同6 Plusは最初の3日間の販売台数が1000万台(関連記事)、2013年9月発売の「iPhone 5s」および「iPhone 5c」は900万台と報告されている(関連記事)。

 AppleのTim Cook最高経営責任者(CEO)は「iPhone 6sおよび同6s Plusの販売は驚異的で、当社のこれまでの記録を吹き飛ばした。顧客の反応は素晴らしく、感圧センサー『3D Touch』や新しいカメラ機能『Live Photos』を気に入ってくれている」と述べた。

 iPhone 6sおよび同6s Plusは10月9日にさらにイタリア、メキシコ、ロシア、スペイン、台湾を含む40カ国/地域以上で販売を開始し、年内に130カ国/地域以上で購入可能にする。

 昨年のiPhone 6および同6 Plusは中国向けリリースが約1カ月ずれこんだが(関連記事:Apple、iPhone 6/6 Plusの中国発売を発表、中国工業情報省が免許付与)、今年のiPhone 6sおよび同6s Plusは中国も第1陣に加わっている。また予約期間が前モデルより長いことからも昨年の記録を上回ると、一部アナリストは見ていた。大方の予想は1200万台、米Piper JaffrayのアナリストでApple製品の市場動向に詳しいGene Munster氏は1200万~1300万台と予測していた(米New York Timesの報道)。

 Appleは国/地域別販売台数を明らかにしていないが、米FBR Capital Marketsのアナリスト、Daniel Ives氏は中国での販売を200万~250万台と推計。中国を除いた場合、iPhone 6sおよび同6s Plusの発売後3日間の販売台数は前モデルと比べ10%増ほどとなる(米USA TODAY)。

[発表資料へ]