PR

 米グーグルは2015年9月29日(現地時間)、新製品発表イベントを開催し、Nexusシリーズのスマートフォンの新モデル「Nexus 6P」「Nexus 5X」や、Chromecast関連の新製品を発表した(写真1)。

写真1●グーグルが新Nexusシリーズを発表
写真1●グーグルが新Nexusシリーズを発表
[画像のクリックで拡大表示]

 5.7型ディスプレイを搭載したNexus 6Pは、「Nexus 6」の後継モデルで、シリーズ初のフルメタルボディを採用する(写真2)。

写真2●ファーウェイ製の「Nexus 6P」
写真2●ファーウェイ製の「Nexus 6P」
[画像のクリックで拡大表示]

 前モデルがモトローラ製だったのに対し、Nexus 6Pは中国ファーウェイ製。画面解像度は2560×1440ドット(WQHD)、プロセッサはSnapdragon 810、メモリーは3Gバイト。3450mAhの大容量バッテリーを搭載し、重量は178g。価格は32Gバイト版が499ドル(日本では税込7万4800円)、64Gバイト版が549ドル(同8万800円)、128Gバイト版が649ドル(同9万2800円)。

 5.2型ディスプレイ搭載のNexus 5Xは、「Nexus 5」の後継機。メーカーは前モデルと同じ韓国LG電子製。Nexus 6Pに比べて、手頃な価格帯を意識したモデルになる(写真3)。

写真3●韓国LG電子製の「Nexus 5X」
写真3●韓国LG電子製の「Nexus 5X」
[画像のクリックで拡大表示]