PR
写真1●大賞を受賞したソラコムの玉川憲代表取締役社長(撮影:中村 宏)
写真1●大賞を受賞したソラコムの玉川憲代表取締役社長(撮影:中村 宏)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●玉川社長(右)と日経コンピュータ/ITproの中村編集長(撮影:中村 宏)
写真2●玉川社長(右)と日経コンピュータ/ITproの中村編集長(撮影:中村 宏)
[画像のクリックで拡大表示]

 日経BP社は2015年10月1日、「ITpro EXPO AWARD 2015」の受賞製品とサービスを発表した。大賞にはソラコムが展示した「SORACOM Air」が輝いた。

 SORACOM Airは、同社が9月30日に発表したIoT(Internet of Things)向けの格安通信サービスだ。機器に取り付けるSIM、データ通信サービス、Webブラウザーを使ったSIMの管理システムから構成される。日経コンピュータ/ITproの中村建助編集長は「既存のプレーヤーを脅かすほどの破壊的なサービスだ」と評し、大賞の受賞理由を語った。

 ソラコムの玉川憲代表取締役社長 共同創業者は「我が社は社員約10人、設立して間もないベンチャーだが、イノベーション性が評価されたことを大変うれしく思う」と受賞の喜びを語った(写真1、2)。

ソラコムはNTTドコモの携帯電話回線を借りたMVNO(仮想移動体通信事業者)としてサービスを提供する。従来の携帯電話回線に比べ、8割ほど安くなる。「IoTを使ったシステム構築でボトルネックになるのは通信だ。これを解決したい」(玉川社長)。

 大賞に加えて6社が優秀賞に選出された。IzumoBASEの「IzumoFS」、ユニバーサルエンターテインメントのAI会話プラットフォーム「CAIWA(カイワ)」、サトーホールディングスの「スキャントロニクスCL4NX-J/CL6NX-Jシリーズ」、NTTアイティのセキュア・クイックリモートアクセス「Bizdoor(ビズドア)」、グレープシティの「Xojo(ゾージョー)」、ネオレックスの「Tablet Time Recorder」である。特別賞にはSkyの「SKYSEA Client View」も選ばれた。
 
 ITpro EXPO AWARD 2015の協力メディアであるITmedia エンタープライズとZDNet Japanも、それぞれ賞を選定した。ITmedia エンタープライズ賞には、ウエストユニティスの「InfoLinker」が選ばれた。ZDNet Japan賞に選出されたのは、日本ヒューレット・パッカードの「コンポーザブル・インフラストラクチャと関連製品群」だ。

 ITpro EXPO AWARDは、ITpro EXPO 2015に出展されたすべての製品・サービスの中から、製品・サービスとして優れていると同時に、来場者に対して分かりやすくインパクトのある展示を行ったものを表彰する賞。日経BP社のIT系媒体の編集部が共同で審査した。