PR

 米小売大手のTargetは現地時間2015年10月2日、米Appleの腕時計型ウエアラブル端末「Apple Watch」を販売すると発表した。一部の店舗ですでに取扱を始めており、10月25日には米国内の全店舗で販売する。10月18日からオンラインストア「Target.com」でも購入可能にする。

 ステンレススチール素材のApple Watchおよびアルミニウム素材の「Apple Watch Sport」を20モデル揃え、38mmと42mmサイズを用意する。新色のローズゴールドも含まれ、希望小売価格は349ドル~599ドル。一部のモデルおよびバンドはオンライン限定で販売する。

 Appleは当初、Apple Watchを同社オンラインストアや直営店、一部の高級ブティックや百貨店などで販売していたが、徐々に販売チャネルを拡大している。8月には、米Best Buyが100店舗以上でApple Watchの取り扱いを開始し、オンラインストア「BestBuy.com」でも販売している(関連記事:「Apple Watch」、米家電量販大手Best Buyが8月から販売開始)。

 米国では現在、ソフトバンク傘下の米SprintやドイツDeutsche Telekomの米国子会社T-Mobileの店舗でもApple Watchを購入できる。米IDCの推計によると、Appleは2015年第2四半期にApple Watchを360万台販売した(米Wall Street Journalの報道)。米Strategy Analyticsの調査分析では400万台と推計している(関連記事:[データは語る]2015年Q2の世界スマートウオッチ市場、Appleが75%のシェアで首位に)。

[発表資料へ]