PR
写真1●「Surface Book」
写真1●「Surface Book」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●「Surface Pro 4」
写真2●「Surface Pro 4」
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●「Lumia 950/950 XL」
写真3●「Lumia 950/950 XL」
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●「Lumia 550」
写真4●「Lumia 550」
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●「Microsoft Band 2」
写真5●「Microsoft Band 2」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは現地時間2015年10月6日、「Windows 10」搭載デバイスに関するイベントを開催し、新しいノートパソコン「Surface Book」やタブレット端末の新モデル「Surface Pro 4」、「Lumia」スマートフォンの新機種などを発表した。

 Microsoftによれば、7月末にリリースされたWindows 10は現在1億1000万台のデバイスで稼働しており、「Windows 7」の3倍の速度でアップグレードが進んでいるという。

 Surface Book(写真1)は、13.5インチの「PixelSense」ディスプレイ(解像度は3000×2000ドット、267ppi)を搭載する。ディスプレイ部とキーボード部を分離して、タブレット端末のように使用できる。スタイラスペンと指先のタッチによる入力が可能。

 米Intelの第6世代「Core i5」または「Core i7」プロセッサを搭載し、グラフィックス機能は「Intel HD graphics」。米NVIDIA製「Geforce GPU」を選択することもできる。内蔵ストレージは最大1Tバイト、メモリーは最大16Gバイト。800万画素のリアカメラと500万画素のフロントカメラ(「Windows Hello」ベースの顔認証対応)を装備する。

 外形寸法は232.1×312.2×13.0〜22.8mm、重量は約1.5kg。ディスプレイ部のみでは薄さ7.7mm、重量は726g。連続駆動時間は最大12時間(ビデオ再生の場合)。1024段階の筆圧感知に対応する「Surface Pen」が付属し、希望小売価格は1499ドルから。

 Surface Pro 4(写真2)は12.3インチのPixelSenseディスプレイ(解像度は2736×1824ドット、267ppi)、第6世代のCore i5、Core i7または「Core m3」を採用する。先代モデル「Surface Pro 3」と比べ30%高速化し、ディスプレイをわずかに大型化した。内蔵ストレージは最大1Tバイト。

 800万画素のリアカメラと500万画素のフロントカメラ(Windows Hello顔認証対応)を装備。外形寸法は292.1×201.42×8.4mm、重量は766g〜786g。連続駆動時間は最大9時間(ビデオ再生の場合)。Surface Penが付属し、希望小売価格は899ドルから。

 専用のカバー一体型キーボード「Surface Pro 4 Type Cover」は希望小売価格129.99ドル。Surface Pro 3にも対応する。

 Surface BookとSurface Pro 4は一部マーケットで10月7日から予約注文を受け付ける。10月26日に米国とカナダで販売を開始し、その後対象地域を拡大する。

 スマートフォンの新機種「Lumia 950」と「Lumia 950 XL」(写真3)は、Windows 10の「Continuum」機能により、「Microsoft Display Dock」を介してモニターやマウス、キーボードをつなげば、デスクトップパソコンのように使用できる。

 メインカメラは4K動画撮影に対応した2000万画素の「PureView」カメラ。フロントカメラは500万画素。ストレージ容量は32Gバイトで、最大200Gバイト拡張可能なmicroSDスロットを装備する。

 Lumia 950は5.2インチQuad HD AMOLEDディスプレイ(解像度は2560×1440ドット、564ppi)を搭載し、外形寸法は145×73.2×8.25mm、重量は150g。CPUは64ビット対応の米Qualcomm製「Snapdragon 808」6コアプロセッサ。希望小売価格は549ドル

 Lumia 950 XLは5.7インチQuad HD AMOLEDィスプレイ(解像度2560×1440ドット、518ppi)搭載で、CPUは64ビット対応のQualcomm製「Snapdragon 810」8コアプロセッサ。サイズは151.9×78.4×8.1mmで重さ165g。希望小売価格は649ドル。

 Lumia 950および950 XLは一部地域で11月にリリースする。

 さらに、廉価モデル「Lumia 550」(写真4)も発表した。4.7インチディスプレイ(解像度は1280×720ドット、315ppi)でLTEをサポートする。Qualcomm製「Snapdragon 210」クアッドコアプロセッサを搭載し、ストレージは8Gバイト。希望小売価格は139ドル。一部欧州諸国で12月に発売し、その後、他の地域にも投入する。

 そのほかMicrosoftは、リストバンド型ウエアラブル端末の新モデル「Microsoft Band 2」(写真5)も発表した。曲面ディスプレイを採用し、耐久性やタッチ感度を向上。希望小売価格は249ドルから。一部地域ですでに注文を受け付けており、10月30日に米国で発売する。

 また、立体映像用ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」の開発者向けエディション「Development Edition」を2016年第1四半期に出荷する。価格は3000ドル。10月6日に購入申込みの受付を開始している。

[発表資料へ]