PR

 SCSKは2015年10月7日、パケットキャプチャー型の監視システムを構築/運営するSIサービス「Perfect Performance Monitoring Service」(P2MS)をメニュー化したと発表した()。ネットワークパケットを詳細に分析することで、業務アプリケーションの性能やセキュリティ状況を把握する。利用するパケットキャプチャー装置や分析システムは決まっており、監視内容やアウトプットの要件は個別対応で決める。

図●Perfect Performance Monitoring Serviceのシステム構成例(オンプレミスの場合、出典:SCSK)
図●Perfect Performance Monitoring Serviceのシステム構成例(オンプレミスの場合、出典:SCSK)
[画像のクリックで拡大表示]

 ネットワークからパケットをキャプチャーできるようにするネットワークタップ装置として、米イクシア(Ixia)の「Net Optics」を使う。パケットをキャプチャーして保存するパケットキャプチャー装置は米ネットスカウト・システムズ(NetScout)の「nGenius InfiniStream」を、キャプチャーデータを可視化/分析する統計管理サーバー装置には同社の「nGenius Performance Manager」を使う。いずれもSCSKが国内で販売している。

 あらかじめ決まっているパケットキャプチャー製品を使って、監視システムの構築サービスをパッケージ化/メニュー化した。一方で、何のデータを監視/分析の対象にするのかや、監視結果によるアラート通知、分析結果のレポート出力などは、ユーザーの要望に応じて個別に対応する。ユーザーの必要に応じて、暗号化通信を仲介/検閲する機器を追加する、といった対応もする。

 監視対象の業務アプリケーションは、ネットワークタップやパケットキャプチャー装置を設置できる環境であれば、SCSKが運営するデータセンターであっても、オンプレミス(第三者のデータセンターなど)であっても構わない。SCSKのデータセンターにシステムを設置する場合の監視システムの価格(税別)は、月額80万円から。初期費用(監視内容の設定や運用マニュアルの整備など)は別途必要になる。販売目標は、2018年3月期までに20億円。