PR

 米Appleが米国で提供している「News」アプリについて、中国では利用できない仕様になっていることが分かったと、複数の海外メディア(米CNET米Fortune米Macworldなど)が現地時間2015年10月12日までに米New York Timesの記事を引用して伝えた。

 Newsは、iOS 9のリリースとともに米国で提供が始まったiPhoneとiPad用のアプリ(発表資料)。現在は米国版iOS 9のみで提供されているが、英国やオーストラリアでも試験運用が始まっているという。New York Timesによると、このアプリを米国で利用しているユーザーは、海外に行っても米国内と同様に利用できる。しかし、その例外が中国本土だという。

 このアプリでは、ユーザーの好みに応じてピックアップしたニュースの一覧がトップ画面に表示される。しかしこれを中国本土で見ると、「現在、再読み込みできません。『News』はあなたが現在いる地域ではサポートされていません」と表示されるという。

 New York Timesによると、Appleはこの件に関してコメントを出していない。だが、同社はおそらくこのNewsアプリで提供されるようなニュースコンテンツの中国における取り扱いについて、慎重になっているのではないかと同紙は伝えている。

 中国当局はインターネット関連企業に対し、コンテンツを自主的に検閲するよう求めている。これには検閲ソフトウエアや人の手によって、当局が不適切と考えるコンテンツを削除しなければならない。しかしAppleの場合は今のところ、Newsアプリを完全に使えないようにすることでこの問題に対処しているようだとNew York Timesは伝えている。