PR
写真1●カスペルスキー2016マルチプラットフォームセキュリティの商品パッケージと、同社代表取締役社長の川合林太郎氏
写真1●カスペルスキー2016マルチプラットフォームセキュリティの商品パッケージと、同社代表取締役社長の川合林太郎氏
[画像のクリックで拡大表示]

 カスペルスキーは2015年10月13日、スタンドアローンで動作する個人/SOHO向け総合セキュリティソフトの新バージョン「カスペルスキー2016マルチプラットフォームセキュリティ」を発表した。新版では運用の利便性を高め、セキュリティソフトの稼働状況やライセンスをWebポータルを介してリモート管理できるようにした。オンラインでは10月15日から、店頭では11月12日からそれぞれ販売する。価格(消費税込み)は、3980円(ダウンロード版、1台、1年間)から。

 カスペルスキー2016は、クライアントPCやスマートフォン向けの総合セキュリティソフトである。ウイルス/マルウエア対策とアクセス制御機能(ファイアウォール)など、エンドポイント向けの各種のセキュリティ機能で構成する。Windows版、Mac版、Android版の3種類のライセンスを用意している。

画面1●アカウントにひも付けた複数のデバイスをWeb管理画面で一元管理できる
画面1●アカウントにひも付けた複数のデバイスをWeb管理画面で一元管理できる
[画像のクリックで拡大表示]

 新版では、運用の利便性を高めるWebポータル「マイカスペルスキー」を追加した。アカウントにひも付けた複数のデバイスをWeb管理画面で一元管理できる(画面1)。各デバイスでのウイルス検知やウイルス定義ファイルの更新状況を把握できるほか、個々のデバイスにウイルススキャンなどの指示を出せる。ライセンスの把握やライセンスの更新などもWebポータルから実施できる。

画面2●Webブラウザーの設定が変更されそうになったタイミングで、画面にその旨を表示してユーザーに変更の可否を確認する
画面2●Webブラウザーの設定が変更されそうになったタイミングで、画面にその旨を表示してユーザーに変更の可否を確認する
[画像のクリックで拡大表示]

 新版ではセキュリティ機能も高めた。例えばWindows版では、ユーザーが意図しないWebブラウザーの設定変更を防止する「システム変更コントロール」機能を追加した。フリーソフトをインストールする際に何気なくマウスをクリックしていたら、知らないうちにWebブラウザーのホーム画面や検索エンジンが変更されてしまっている、という事象を防ぐ。Webブラウザーの設定が変更されそうになったタイミングで、画面にその旨を表示して変更を回避できるようにする(画面2)。

 Windows版ではまた、ユーザーが閲覧したWebページに合わせて広告を表示する広告手法である行動ターゲティング広告について、これを無効化する機能「Webトラッキング防止」も追加した。このセキュリティ機能をONにしている間は、ユーザーのWeb閲覧行動をトラッキングされなくなる。この機能を搭載した背景には、行動ターゲティング広告を回避できるなら回避したいという需要があるという。

 価格例はの通り。

表●カスペルスキー2016マルチプラットフォームセキュリティの価格例
価格は8%消費税込み
1台5台
1年2年3年1年2年3年
ダウンロード3980円6980円8980円4980円9250円1万2150円
パッケージ4860円-9720円6080円-1万2960円