PR

 SRA OSS日本支社と米トレジャーデータは2015年10月14日、トレジャーデータが開発するオープンソースソフトウエア(OSS)のログ収集ソフト「Fluentd」の商用サポートサービスを日本で提供すると発表した。

 Fluentdはトレジャーデータが中心となって開発を進めるOSSで、様々なシステムが蓄えたログデータを「JSON」形式に変換した上で高速に収集できることが特徴。Fluentdはプラグインを追加することで、様々なアプリケーションやミドルウエア、データベースに接続できる(関連記事:開発者である古橋貞之氏のインタビュー)。

 Fluentdの商用サポートサービスである「Fluentd エンタープライズサポートサービス」は、Fluentdの使用法などに関するヘルプデスクや、ソースコード解析や修正パッチの提供などを含む障害対応などのサービスを提供する。SRA OSSが販売とサポート窓口を担当し、実際の技術支援などは開発元であるトレジャーデータが行う。