PR
写真●Endeavor MR4600E
写真●Endeavor MR4600E
[画像のクリックで拡大表示]

 エプソンダイレクトは2015年10月14日、第6世代Core i5/i7プロセッサーを搭載したスリムタワーパソコン「Endeavor MR4600E」を同日から受注開始したと発表した。最小構成価格(税別、送料別)は11万2800円から(写真)。

 チップセットにインテル「H170」を採用。プロセッサーにCore i5-6500/i5-6600/i7-6700/i7-6700Kを選択できる。グラフィックスはCPU内蔵のほか、BTOオプションで「AMD Radeon R7 240」「NVIDIA GeForce GTX 750」「NVIDIA Quadro K620 2GB」を搭載可能。

 メインメモリーにはPC4-2133 DDR4 SDRAMを採用し、標準4GB、最大64GBまで搭載可能。ストレージは標準で500GB HDDを搭載するほか、RAID構成やSSDも選択できる。光学ドライブはDVD-ROM、DVDスーパーマルチ、ブルーレイを選べる。

 OSはWindows 10 Home/ProまたはWindows 7 Professional(Windows 10 Proダウングレード)。きょう体はフロントケースを直線基調のデザインに一新した。本体寸法は幅98×奥行き396×高さ357mm。

製品情報
エプソンダイレクトのWebサイト