PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoft傘下のSkypeは現地時間2015年10月15日、米国と英国で新機能の提供を開始すると発表した。固有のリンクを共有することで、Skypeアカウントを持たないインターネットユーザーでもチャットに招待できる。

 「Skype for Windows」「Skype for Mac」あるいは「Skype for Web」を使用するSkypeユーザーは、「+New」ボタンで取得した固有のリンクを電子メールや「Facebook」「Messenger」「WhatsApp」「Twitter」を通じて友達と共有し、リンクをクリックすることで簡単に1対1あるいはグループでのインスタントメッセージング、音声通話、ビデオ通話に参加できる。

 アカウントを持たない場合は、パソコンのブラウザーからSkype for Webにゲストとしてアクセスして会話に参加可能。Skypeに登録済みでモバイル端末にアプリケーションをインストールしていれば、「iPhone」「iPad」およびAndroid端末からでも会話に加われる。

 新機能は今後数週間で他の地域にも拡大する予定。モバイル端末からも会話の立ち上げとリンク共有を行えるようにする。

[発表資料へ]