PR

 インテル、デル、ブロケード コミュニケーションズ システムズ、レッドハットの4社は2015年10月20日、OpenStackを利用したクラウド型NFV(Network Functions Virtualization)ソリューションの共同検証を実施したと発表した。

 この検証実験では、40台(40インスタンス)の仮想ルーター(vCPE)を1台のサーバーで動作させ、各インスタンスごとに1Gビット/秒の通信スループットを均等に割り当て、合計40Gビット/秒のスループットを実現することに成功した。

写真1●従来型CPEと、vCPEによるNFVソリューション
写真1●従来型CPEと、vCPEによるNFVソリューション
[画像のクリックで拡大表示]

 vCPEは、これまでハードウエアとして各拠点に置いたCPE(Customer Premises Equipment)を仮想化したもの。通信事業者やサービス事業者のクラウドにCPE機能を集約し、運用の簡素化やコスト削減を実現しつつ、新サービスの開発・追加を容易にできるとする(写真1)。

 今回の実証実験では、レッドハットが最新OpenStackディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 7」(RHEL OSP 7)、インテルが「データプレーン開発キット」(DPDK)、デルがキャリアグレードのサーバー「Dell PowerEdge R630」、ブロケードが仮想ルーター「Brocade vRouter 5600」を提供し、検証環境を構築した。

写真2●レッドハット アジア太平洋地域 事業開発戦略本部 テレコム&NFV チーフ テクノロジストの杉山 秀次氏
写真2●レッドハット アジア太平洋地域 事業開発戦略本部 テレコム&NFV チーフ テクノロジストの杉山 秀次氏
仮想ルーターごとの均等なリソース割り当てを実現できた理由として同氏は、NUMA(Non-Uniform Memory Access)トポロジーを考慮したメモリーアクセスを挙げる。
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の検証のポイントは、40のvCPEそれぞれに均等にリソースを割り振れることを技術的に実証したことだと、レッドハット アジア太平洋地域 事業開発戦略本部 テレコム&NFV チーフ テクノロジストの杉山 秀次氏は説明する(写真2)。

 1台の仮想ルーターで40Gビット/秒のスループットを出せることは海外で検証済みだが、多数の仮想ルーターでフェアネスを検証できたのは今回が初めてとした。例えば、あるvCPEで2Gビット/秒のスループットが出て、他のvCPEでは500Mビット/秒しか出ない、といった状況がなくなる。

 4社は実証実験の結果を受け、2016年の商用展開を目指して協力関係などについて協議を進めていくとしている。