PR
写真●「MousePro NB500」シリーズの外観
写真●「MousePro NB500」シリーズの外観
[画像のクリックで拡大表示]

 マウスコンピューターは2015年10月21日、第6世代Coreプロセッサーを採用した15.6型ビジネスノートパソコン「MousePro NB500」シリーズから、Microsoft Office Personal PremiumやSSD、3年間の無償ピックアップ保証を付けた特別モデルを発表した(写真)。同日から11月24日までの期間限定で発売する。直販価格は8万9800円から。

 ビジネス用途を想定した製品で、15.6型フルHD(1920×1080ドット)ノングレア液晶、4列タイプのテンキーを備えたキーボード、左右クリックボタン独立仕様のタッチパッド、アナログRGB出力端子などを搭載する。BTOオプションで光学ドライブを搭載可能。バッテリー駆動時間は約4.2時間。本体寸法は幅374×奥行き258.5×高さ24.7mm、重さは約2.2kg。

 「MousePro-NB590FS-A-1510」は、Core i3-6100Uと4GBのメインメモリー、120GB SSDを搭載。Microsoft Office Personal Premiumをバンドルする。直販価格は8万9800円。

 「MousePro-NB590HS-A-1510」は、Core i5-6200Uと8GBのメインメモリー、240GB SSSDを搭載。Microsoft Office Personal Premiumをバンドルする。直販価格は10万4800円。

 「MousePro-NB590ZSV-1510」は、Core i7-6500Uと8GBのメインメモリー、500GB SSDを搭載。Microsoft Office Personal PremiumはBTOオプションとなる。直販価格は11万4800円。

 全モデルともOSは、Windows 10 Pro。

マウスコンピューターの発表資料