PR

 米Googleは、数カ月前から検索エンジンに人工知能(AI)を導入していることを明らかにした。米Bloombergが現地時間2015年10月26日に報じたGoogleのGreg Corrado上級リサーチサイエンティストのインタビューによると、Google検索エンジンには1秒あたり数百万のクエリーが寄せられるが、そのうち「かなりの部分」を「RankBrain」と呼ぶAIシステムが処理している。

 Googleが1日に受け取るクエリーの15%はこれまで一度も見たことがない問い合わせで、RankBrainはそうした未知のクエリーや曖昧なクエリーの処理に優れているという。人間の直感や推測のような方法で言葉を翻訳し、意味を解釈する。

 RankBrainは検索結果の順位付けに使われる数百ものシグナルの1つで、他のシグナルと異なり学習能力がある。Corrado氏によれば、導入数カ月後の現在、RankBrainは3番目に重要なシグナルとなっている。

 RankBrainのプロジェクトは約1年前にエンジニア5人程度の規模で立ち上げられた。今年前半に、検索事業担当上級バイスプレジデントのAmit Singhal氏がGoogle検索全体にわたるRankBrain導入開始を指示し、現在では数十人のメンバーが取り組んでいる。

 AIに対する米技術大手の関心は高く、例えば米Facebookはニュースフィードへの記事配信にAIを導入している。また米Microsoftも検索エンジン「Bing」の向上にAIを利用しているという。