PR

 中国Alibaba Group(阿里巴巴)は現地時間2015年10月27日、同年第3四半期(2015年7〜9月)の決算を発表した。売上高は221億7100万人民元(34億8800万ドル)で前年同期と比べ32%増加した。そのうちモバイルによる売上高は105億2000万人民元(16億5500万ドル)で、同183%増の急成長を見せた。

 純利益は227億300万人民元(35億7200万ドル)で同649%増加。希薄化後の1株当たり利益(EPS)は8.87人民元(1.40ドル)で同615%拡大した。この数字には、過去に保有していたAlibaba Health Information Technology(阿里健康信息技術)の株式に関する再評価益186億300万人民元(29億2700万ドル)が含まれる。こうした特別項目を除いた純利益は同36%増の92億5200万人民元(14億5600万ドル)、EPSは同30%増の3.63人民元(0.57ドル)となる。

 中国における小売り販売サイトの総取引額(GMV)は7129億3300万人民元で前年同期比28%増加。内訳は、「Taobao Marketplace(淘宝網)」が同15%増の約4380億人民元、「Tmall(天猫)」が同56%増の約2750億人民元だった。

 モバイル経由のGMVは4401億1300万人民元で、前年同期比121%急増した。モバイルGMVが中国GMV全体に占める割合は62%となり、1年前の36%、および前四半期の55%から拡大した。

 2015年9月末時点の年間アクティブバイヤーは前年同期比26%増の3億8600万人。月間モバイルアクティブユーザー(MAU)数は同59%増の3億4600万人だった。

 クラウドコンピューティングおよびインターネットインフラ部門は売上高が6億4900万人民元(1億200万ドル)で、前年同期と比べ128%成長した。

 なお、英Reutersがまとめたアナリストの予測平均は、特別項目を除いたEPSが0.54ドル、売上高が34億4000万ドルだった。

 同日の米国市場におけるAlibabaの株価は前日比4%高の79.44ドルで取引を終了した。しかし昨年11月に記録した119ドルを依然大きく下回る。中国の全体的な成長減速がAlibabaに与える影響についてアナリストは引き続き懸念していると、米New York Timesは指摘している。

[発表資料へ]