PR
写真1●ハイエンドモデル「DLA-X750R」
写真1●ハイエンドモデル「DLA-X750R」
(出所:JVCケンウッド)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●ミドルレンジモデル「DLA-X550R」
写真2●ミドルレンジモデル「DLA-X550R」
(出所:JVCケンウッド)
[画像のクリックで拡大表示]

 JVCケンウッドは2015年10月30日、フルスペックの4K(3840×2160ドット)映像入力に対応した家庭用プロジェクター新製品を11月下旬に発売すると発表した。希望小売価格(税別)は、ハイエンドモデル「DLA-X750R」(写真1)が90万円、ミドルレンジモデル「DLA-X550R」(写真2)が70万円。

 表示デバイスに独自の反射型液晶「D-ILA」を採用したプロジェクター。1画素を斜めに0.5画素分シフトすることで解像度を倍増する高解像度表示技術「4K e-shift 4テクノロジー」を搭載し、フルHD(1920×1080ドット)×3枚のD-ILAデバイスで4K映像を可能にしたという。

 4K/60p 4:4:4映像をはじめ、4K/60p 4:2:2/36bitおよび4K/24p 4:4:4/36bitなどのフルスペック4K映像入力が可能。また、ダイナミックレンジの高いHDRコンテンツに対応する。光学2倍電動ズームレンズを搭載。上下±80%、左右±34%のレンズシフトが可能。投写サイズは60〜200型。入力端子はHDMIが2系統。本体寸法は幅455×高さ179×奥行き472mm。

 DLA-X750Rは、256Wの高出力ランプを採用。従来比130%以上の明るさ1800ルーメンで、コントラスト比はネイティブ12万対1、ダイナミック120万対1を可能にした。本体カラーは「ブラック」。重さは15.6kg。DLA-X550Rは、明るさ1700ルーメンで、コントラスト比は、ネイティブ4万対1、ダイナミック40万対1。本体カラー「ホワイト」「ブラック」の2モデル。重さは15.4kg。

JVCケンウッドのWebサイト]