PR

 NTT東日本は2015年11月2日、同社がレンタルで提供しているひかり電話ルーター/ホームゲートウェイ「RS-500KI」(写真)に不具合があり、かけた電話番号と異なる番号に着信する場合があると発表した。ソフトウエアのアップデートで対応する予定で、11月10日をめどに更新ソフトウエアを提供するとしている。

写真●不具合が発生しているひかり電話ルーター「RS-500KI」の確認方法
写真●不具合が発生しているひかり電話ルーター「RS-500KI」の確認方法
(出所:NTT東日本)
[画像のクリックで拡大表示]

 該当機である「RS-500KI」は2015年9月中旬に、「ひかり電話」を契約した顧客の一部へのレンタルを開始。約6700台が出回っている。NTT西日本など他の通信事業者からの提供はない。

 不具合は、RS-500KIに接続している電話機の設定が「ダイヤルパルス20pps」である場合に発生する。番号ダイヤル時のパルス信号をRS-500KIが正しく処理できず、おおむね10回のダイヤルにつき3回程度の割合で異なる番号につながる。電話機の設定を「プッシュトーン」「ダイヤルパルス10pps」に変更すれば、不具合は発生しなくなる。

 10月8日から30日にかけて、「かけたはずの電話番号とは異なる電話番号に着信する」「あるはずの電話番号にかけているのに『この電話番号は現在使われておりません』となる」といった顧客からの申告が16件あったという。

東日本電信電話の発表資料