PR

 米IBMは現地時間2015年11月3日、クラウドサービスブローカレッジの米Gravitantを買収したと発表した。同買収により、ハイブリッドクラウドへの注力を強化する。買収額などの詳細については明らかにしていない。

 Gravitantは2004年創業の非公開企業。米テキサス州オースチンに本社を置き、インドのプネーとバンガロールに開発拠点を持つ。企業がさまざまなクラウドサービスの機能や価格を比較し、手軽に複数のサプライヤーから演算能力やサービスを購入して管理するためのソフトウエアを手がけている。異なるクラウド環境にわたる多数のサービスを一元的に管理できるため、企業は使用状況の視覚化を高め、利用効率を向上できるとしている。

 IBMはGravitantをGlobal Technology Services事業部門に統合する。また、Cloud事業部門の一連のSaaS製品にもGravitantの能力を取り入れ、ハイブリッドクラウドソリューションの拡充を図る。

[発表資料へ]