PR
FZ-Y1Dシリーズ
FZ-Y1Dシリーズ
(出所:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは2015年11月5日、20型4K(3840×2560ドット)IPSa液晶を搭載した法人向けタブレットPC「TOUGHPAD(タフパッド) 4K」シリーズの新製品を11月下旬から順次発売すると発表した。高性能グラフィックス搭載のハイパフォーマンスモデル「FZ-Y1D」シリーズなど4モデル。価格はオープン。

 FZ-Y1Dシリーズは、Core i7-5600U vProプロセッサーと「AMD FirePro M5100」グラフィックスを搭載。バッテリー駆動時間は約2.0時間。本体寸法は幅475×奥行き334×厚さ12.5mm、重さは約2.49kg。Windows 10 Pro搭載の「FZ-Y1DMBHZVJ」と、Windows 7 Professional(Windows 10 Proダウングレード)搭載の「FZ-Y1DMBHZKJ」の2モデルを用意した。予想実勢価格は50万円前後。

 このほかにも、4K映像入出力対応モデル「FZ-Y1CH」1モデルと、ベーシックモデル「FZ-Y1CA」1モデルをラインアップ。いずれもハードウエアは従来モデルと同じ。新たにOSにWindows 7 Professional(Windows 8.1 Proダウングレード)をプリインストールした。予想実勢価格は、それぞれ36万円前後、31万円前後。

パナソニックのWebサイト