PR

 英国の市場調査会社Canalysが現地時間2015年11月4日に公表したリポートによると、米Appleの腕時計型ウエアラブル端末「Apple Watch」の発売後2四半期(6カ月)における出荷台数はほぼ700万台に達し、業界トップとなった。この数は他のスマートウオッチメーカーの過去5四半期における合計出荷台数を上回っているという。

 またAppleは今年第3四半期(7~9月)に30万台以上のスマートウォッチを出荷した唯一のメーカーになった。同四半期は米Pebble Technologyが「Pebble Time Steel」をリリースし、そのスマートウォッチ出荷台数は20万台を超えた。一方、韓国Samsung Electronicsは「Gear S2」のリリースを前に出荷台数を減らした。同年第4四半期(10~12月)は多様な企業が新製品を市場投入し、Appleに次ぐ第2位の地位を狙うため、市場競争が激化するとCanalysは予測している(関連記事:TAG Heuer、Google、Intelが高級スマートウオッチ開発で提携)。

 またCanalysが「ベーシックバンド」と定義する活動量計などの特定用途端末の分野では、中国Xiaomi(小米科技)と米Fitbitが市場をリードした。Xiaomiは挑戦的な価格設定とプロモーションが奏功し、「Mi Band」の累計出荷台数が1000万台を突破した。Fitbitは「Charge HR」が発売以来好調で、第3四半期の出荷台数が前の四半期のそれを上回った。

 Canalysによると、今後注目されるのは、第4四半期におけるApple Watchの販売台数。Apple Watchは誕生してまだ間もないスマートウォッチ市場の成長度を測るバロメーターになるという。Canalysのアナリスト、Chris Jones氏は「Apple WatchはwatchOS 2によってネイティブアプリが導入されたほか、新色が加わりラインアップが一新されたが、Appleは発売後半年が過ぎたApple Watchの需要を引き続き喚起する必要がある」と指摘している(関連記事:Apple、「Apple Watch」のコレクションを拡大、エルメスとのコラボなど)。

[発表資料へ]