PR

 愛媛県新居浜市と西条市をエリアとするケーブルテレビ局であるハートネットワーク(ホームページ)と、ソフトバンクグループのWireless City Planning(WCP)は2015年11月9日、西条市が導入を進めている「防災情報等伝達システム」において、BWA高速無線サービスと屋外設置型端末を利用した河川監視カメラおよび防災放送(IP告知)のネットワークシステムを、共同で構築することに合意したと発表した。

 河川監視カメラは、既に2015年7月に試験運用を開始している。防災放送は2016年4月の運用開始を目指し、2015年10月以降システム構築を進めている。なお、自治体が提供する公共サービスに、地域BWA事業者と全国BWA事業者が協業し、両者のネットワークを使って高速無線サービスを提供するのは全国で初めてという。

 今回のシステムは、ハートネットワークがWCPから回線の提供を受け、ハートネットワークが運営する地域WiMAXサービスのエリアを補完して提供する形態となる。両社のネットワークを活用することで、山間部を含む西条市内の全監視地点をカバーしていく。

 このシステムが完成すると、山間地などにおける河川水位状況がリアルタイムで確認でき、増水などへの迅速な対応が可能となるという。また、防災放送では、緊急時においてほぼ市内全域一斉に放送することが可能となる。

 青野勝西条市長は、「災害時には、山間地を中心にタイムリーな情報をいかに迅速に伝達できるかが必要となるため、連絡体制の整備により安心感につながる体制が構築できる」というコメントを寄せている。

[発表資料へ]