PR
写真●大画面タブレット「iPad Pro」
写真●大画面タブレット「iPad Pro」
(出所:Apple)

 米Appleは現地時間2015年11月9日、12.9インチの大画面タブレット端末「iPad Pro」のオンライン販売を米国や日本、中国などで11月11日に開始すると発表した。今週中に直営店や一部キャリア、および認定リセラーなどでも購入可能にする。

 iPad Proのリリース時期については、Apple関連の米情報サイト「9to5Mac」が「11月11日発売」との情報を伝えていた(関連記事:Apple、大画面タブレット「iPad Pro」を11月11日に発売か)。

 iPad Proは、北米や欧州、アジアなど40以上の国および地域で発売する。米国での希望小売価格はWi-Fi専用32Gバイトモデルの場合799ドル(日本では9万4800円)、LTE対応128Gバイトモデルは1079ドル(同12万8800円)となっている。

 iPad Proの発売に合わせて、フルキーボードとカバーを一体化した「Smart Keyboard」と専用スタイラスペン「Apple Pencil」も11月11日よりオンライン注文を受け付ける。米国での希望小売価格は、Smart Keyboardが169ドル(日本では1万9800円)、Apple Pencilが99ドル(同1万1800円)。ポリウレタン製カバー「iPad Pro Smart Cover」とシリコーンケース「iPad Pro Silicone Case」もそれぞれ59ドル(日本では7800円)と79ドル(同9800円)で発売する。

 タブレット事業が低迷する中、AppleはiPad Proで企業ユーザーなど新たな需要の取り込みを狙う。Appleが10月27日に発表した2015会計年度第4四半期(2015年7~9月期)決算によると、7~9月期におけるiPadの販売台数は988万3000台で、前年同期と比べ20%減少した(関連記事:Appleの7~9月期決算は「iPhone」と中国市場が好調で増収増益)。

[発表資料へ]