PR
写真●オフライン機能を強化したGoogleマップ
写真●オフライン機能を強化したGoogleマップ
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは現地時間2015年11月10日、地図サービス「Google Maps」のオフライン機能強化を発表した。ネット接続できない場所でも、ナビゲーションや検索機能を利用できる(写真)。

 Google Mapsでは従来、オフラインで地図を閲覧することは可能だった。今後は、あらかじめ必要な国や都市の地図データをダウンロードしておけば、非接続環境下で目的地までの運転順路を確認したり、特定の場所を検索したり、営業時間などの関連情報を調べたりできる。

 地図をダウンロードするには、検索結果の情報シートに表示される「Download」アイコンをタップするか、メニューから「Offline Areas」を選んで「+」ボタンをタップする。接続状況が悪い場所や、無線接続が提供されていない場所に行くと自動的にオフラインモードに切り替わり、無線接続が復帰すると自動でオンラインモードに戻る。

 なお、地図データのダウンロードは、Wi-Fi接続されているときのみ行われる。「大容量のダウンロードでデータ通信料がかさむのを防ぐため」と、Googleは説明している。

 新たなオフライン機能は、まずAndroid版Google Mapsで提供する。近いうちにiOS版にも追加する。

[発表資料へ]