PR

 TBSテレビと博報堂DYメディアパートナーズは2015年11月12日、「WBSCプレミア12」の準々決勝の試合(2015年11月16日予定)の模様について、地上波放送に加えて、インターネットでの同時LIVE配信を無料映像配信サービス「GYAO!」でトライアル実施すると発表した。こうした取り組みは、地上波のゴールデンタイムのコンテンツでは史上初という。

 「WBSCプレミア12」では、野球日本代表侍ジャパンの試合は全てゴールデンタイムでの編成を予定している。しかし、準々決勝の試合予定日は平日であり、様々な理由でテレビ視聴できない人も多数いると予想されるため、スマートデバイス上で準々決勝をリアルタイムで視聴できる新たな環境を整備・提供することにした。配信映像は、World Baseball Softball Confederation(WBSC)が制作する国際映像に実況と解説を載せて制作する。広告については、再生リクエスト時にプリロール広告(30秒以内)の挿入を予定する。

 スポーツコンテンツのネット上でのLIVE配信には大きなニーズがあり、今後様々なステークホルダーや媒体社が取り組んでいくことが予測されている。TBSテレビと博報堂DYメディアパートナーズは、先駆けて今回の取り組みを実施する目的について、「地上波のリアルタイム視聴にどのような影響があるのか」、またこのようなコンテンツを配信する際に「広告の受容性がどの程度あるのか」などの知見を獲得したり、今後のテレビ放送とネットの関係性を構築し、早期のビジネス創出を実現したりしていくことを挙げる。

[発表資料へ]