PR

 SAPジャパンは2015年11月12日、ERP(統合基幹業務システム)の新版「SAP S/4HANA Enterprise Management」のオンプレミス版を同日に提供開始したと発表した。クラウド版の提供開始時期は未定。

 同社は同年2月から、従来のERPパッケージ「R/3」の後継製品となるS/4HANAの会計領域の機能を先行して提供してきた。S/4HANA Enterprise Managementでは会計に加えて調達や製造、人事など10個の業務部門に応じた機能を追加。S/4HANAの全機能が出そろった。

 S/4HANAはインメモリーDB「HANA」のみに対応し、ソースコードレベルで最適化していることが最大の特徴だ。欧州SAPのシモ・セッド エンタープライズアプリケーション兼ユーザーエクスペリエンス担当 グローバル・バイス・プレジデント(写真1)は「S/4HANA Enterprise Managementによって、ERPの全領域の機能をカバーする。あらゆる業務部門に対応できる」と自信を見せる。

写真1●欧州SAPのシモ・セッド エンタープライズアプリケーション兼ユーザーエクスペリエンス担当 グローバル・バイス・プレジデント
写真1●欧州SAPのシモ・セッド エンタープライズアプリケーション兼ユーザーエクスペリエンス担当 グローバル・バイス・プレジデント
[画像のクリックで拡大表示]

 今回新たに発表したのは営業、サービス、マーケティング、コマース、調達、製造、サプライチェーン、アセット管理、研究開発、人事。会計領域の機能はこれまで「Simple Finance」という名称で提供してきたが「S/4HANA FINANCE」に改称した。R/3で使用していたMM(在庫/購買管理)、PP(生産計画/管理)などのモジュール名は廃止した。

 SAPジャパンは同日、業務別に特化したクラウドサービスなどと、S/4HANA Enterprise Managementを連携できるソリューション「SAP S/4HANA Lines-of-Business」も発表した(写真2)。企業向けに購買ネットワークを提供する「Ariba」や人事管理・タレントマネジメントの「SuccessFactors」などと連携させられる。

写真2●SAPジャパンは「SAP S/4HANA Lines-of-Business」も発表した
写真2●SAPジャパンは「SAP S/4HANA Lines-of-Business」も発表した
[画像のクリックで拡大表示]

 SAPジャパン インダストリークラウド事業統括本部の大我猛シニアディレクターによれば、「国内で、S/4HANAの会計機能を採用している企業は50社以上」。導入を支援する国内のパートナー企業は22社。具体的な販売目標などは明かさなかったが、パートナー企業と共同で普及を進める考えだ。