PR
写真●米EMC、エマージングテクノロジー事業部、EMC Isilonプロダクトライン担当シニアバイスプレジデント、フィル・バリンジャー氏
写真●米EMC、エマージングテクノロジー事業部、EMC Isilonプロダクトライン担当シニアバイスプレジデント、フィル・バリンジャー氏
[画像のクリックで拡大表示]

 EMCジャパンは2015年11月16日、非構造化データの格納に適したスケールアウト型NASストレージ「Isilon」における2種類の機能拡張について発表した。一つは、仮想アプライアンス型とすることで遠隔拠点向けに費用を抑えた新モデル「IsilonSD Edge」を追加したこと。もう一つは、OS(OneFS)が備える階層化機能を拡張し、安価に利用できるオブジェクトストレージを階層に組み込む機能「Isilon CloudPools」を追加したこと。いずれも2016年第一四半期の出荷を予定する。価格は個別見積もりで、EMC社内でも現在検討中。

遠隔拠点向けに安価な仮想アプライアンス版のIsilon

 新モデルのIsilonSD Edgeは、VMware環境で動作する仮想アプライアンス版のIsilonストレージである。仮想サーバーの上にIsilonのストレージOS(OneFS)をそのまま載せており、これまでのハードウエアアプライアンスと同じ機能が利用できる。IsilonSD Edgeを使えば、中小規模の遠隔拠点において、ハードウエアアプライアンスよりも安価にIsilonストレージを導入できる。米EMCでは、データのレプリケーション機能を使って本社のデータセンターとデータを同期させる使い方を想定している。

 企業の遠隔拠点には、ストレージが無秩序に管理されているなど、様々な課題がある。「遠隔拠点にもIsilonを導入し、本社と拠点を含む全体を一元的に管理する需要がある」と、米EMCでエマージングテクノロジー事業部EMC Isilonプロダクトライン担当シニアバイスプレジデントを務めるフィル・バリンジャー氏(写真)は新モデルをアピールする。仮想アプライアンス型としてライセンス費用を抑制することで、これまでハードウエアアプライアンスを導入できなかった中小規模の遠隔拠点にもIsilonストレージを浸透させる狙い。

 IsilonSD Edgeは仮想アプライアンスだが、物理サーバー1台につき仮想アプライアンス1台の構成で使わなければならない。最小構成は、ハードウエアアプライアンスと同様に3ノード(物理サーバー3台)になる(図1)。物理サーバーとノードを一致させることで可用性を高めているほか、ハードウエアアプライアンスと同等の使い勝手を実現している。ノード間接続(物理サーバー間の接続)は、Isilonシリーズとしては初めてイーサネットを使う。これに対して既存のハードウエアアプライアンスのノード間接続はInfiniBandに限られている。IsilonSD Edgeの最大ノード数は6台で、この時に最大36Tバイトのストレージとして利用できる。

図1●IsilonSD Edgeの仕組み。VMware仮想アプライアンスとして実装している。ノード1台につき1台の物理サーバーを利用する(出所:EMCジャパン)
図1●IsilonSD Edgeの仕組み。VMware仮想アプライアンスとして実装している。ノード1台につき1台の物理サーバーを利用する(出所:EMCジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 ライセンスは、商用利用は有償だが、検証評価を含む非商用であれば無償。まずは使ってみて、気に入ったら後からライセンスを購入できる。汎用のPCサーバーを3台用意して、ダウンロードしたIsilonSD Edgeをインストールすれば使い始められる。