PR

 米Appleのモバイル決済サービス「Apple Pay」がカナダでも始まると、複数の米メディア(CNETThe VergeTechCrunchなど)が現地時間2015年11月16日に報じた。米American Expressの担当者がカナダのブログサイトの取材に応じて明らかにしたもので、カナダでは11月17日にサービスが始まるという。

 これによりApple Payは、米国、英国を含む3カ国で展開されることになる。ただし報道によると、カナダでApple Payに対応するクレジットカードは現段階でAmerican Expressのみ。Appleはこれまでカナダにおける大々的なApple Payの立ち上げを目指し、同国の大手銀行などと協議を進めていたが、その交渉は長引いているという。理由は、これら金融機関が独自の決済サービスを開発しているためと見られている。これによりカナダにおけるApple Payのサービスは当初、同国で取引額のシェアが低いAmerican Expressに限定されると、TechCrunchなどは報じている。

 モバイル決済を巡っては今年9月に米Googleが米国で「Android Pay」を開始、韓国Samsung Electronicsも米国と韓国で「Samsung Pay」を展開するなど、競争が激化している。Samsungは今後、中国、スペイン、英国にもサービスを拡大していく計画。

 なお、American Expressはこれに先立ちAppleとの提携を明らかにしており、年内にカナダとオーストラリアで、2016年にはスペイン、シンガポール、香港でApple Payを利用できるようにすると発表していた(関連記事:「Apple Pay」が米英以外にも拡大へ、American Expressとの提携で)。