PR
図●「Watson」を利用したショッピング支援アプリケーション「Watson Trend」
図●「Watson」を利用したショッピング支援アプリケーション「Watson Trend」
[画像のクリックで拡大表示]

 米IBMは現地時間2015年11月18日、同社のコグニティブコンピューティングシステム「Watson」を利用したショッピング支援アプリケーション「Watson Trend」をリリースした。iOS版を無償でダウンロードできるほか、Web版にアクセス可能。対応言語は英語のみ。

 Watson Trendは、Watsonの自然言語処理と機械学習技術により、ソーシャルメディア、ブログ、オンラインフォーラム、レビューやコメントなどにわたる1万以上のソースから、ある商品についての会話や購入者の感想などを抽出し、トレンドを分析する。電子器機、玩具、ヘルス&フィットネスの3カテゴリーの商品について、話題になっている規模と速度をもとに100点満点で評価し、上位100商品を提示する。

 人気商品のリストを示すだけでなく、なぜその商品やブランドの人気があるか背景も説明し、評価の推移やオンライン上での意見なども表示する。特定のトレンドがすぐにすたれるか、強い人気を維持するか、さらに商品が売り切れる可能性があるかも予測する。

 Watson Trendをホリデーシーズンのプレゼント選びに活用すれば、相手に喜んでもらえる贈り物を購入できるとしている。

 なお、Watson Trend公開時の人気商品総合1位は米Appleの「Apple Watch」で、100点のスコアが付いている。

[発表資料へ]