PR
図1●Google検索の結果で「Stream」ボタンが表示されている例
図1●Google検索の結果で「Stream」ボタンが表示されている例
[画像のクリックで拡大表示]
図2●「Stream」ボタンが表示されていれば、そのアプリケーションの「ストリームバージョン」にアクセスできる
図2●「Stream」ボタンが表示されていれば、そのアプリケーションの「ストリームバージョン」にアクセスできる
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは現地時間2015年11月18日、Google検索結果から他社製モバイルアプリケーションの情報や機能にアクセスできるようにすると発表した。ユーザーは、該当するモバイルアプリケーションをインストールしていなくても、アプリケーションからの情報を入手できるという。

 Googleは2年前にアプリケーションのコンテンツのインデックス化を開始し、「Facebook」「Instagram」「Pinterest」をはじめとする様々なアプリケーションへのディープリンクは現在1000億を超える。しかしこれまでは、アプリケーションと一致するWeb版サービスが展開されている場合しか、検索結果でアプリケーションの情報を表示できなかった。

 今後は、アプリケーションでのみ提供しているコンテンツも、検索結果に表示されるようになる。例えば、急に思い立って旅に出た際、Google検索で宿泊を探すと、検索結果画面にホテル予約アプリケーション「HotelTonight」の情報も含まれる。

 また、検索結果で「Stream」ボタンが表示されていれば、そのアプリケーションの「ストリームバージョン」にアクセスできる。HotelTonightをインストールしていなくても、HotelTonightのストリームバージョンを通じてさらに詳しいホテル情報を入手したり、予約手続きを実行したりできる。アプリケーションが気に入れば、わずか1回程度のクリックで手軽にインストールできる。ストリームバージョンの使用には、デバイスがWi-Fi接続されている必要がある。

 現在、対応しているアプリケーションはHotelTonightのほか、国立公園ガイドの「Chimani」、星占いの「Daily Horoscope」、ニューヨーク市地下鉄マップの「New York MTA Subway Map」などわずかだが、今後パートナーを拡大するとしている。

[発表資料へ]