PR
図●FaceshiftのWebサイト
図●FaceshiftのWebサイト
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleがモーションキャプチャー技術のスイスFaceshiftを買収していたことが分かった。AppleによるFaceshift買収の噂は数カ月前から巡っていたが、このほど米TechCrunchがAppleに確認したと現地時間2015年11月24日に報じ、これを複数の米メディア(MacworldMashableなど)が伝えている。

 Faceshiftは、人間の表情をリアルタイムでアバターなどのデジタルフィギュアに反映させる技術を開発している。同技術はビデオゲームや映画業界などで使われ、人気映画「Star Wars」の最新作「Star Wars:The Force Awakens(スター・ウォーズ/フォースの覚醒)」でも採用されている。

 もとはスイス連邦工科大学ローザンヌ校のコンピュータ画像処理および幾何学研究所から誕生した事業で、スイスのチューリッヒで設立された。今年8月に、同校から顔アニメーションに関する特許2件の譲渡を受けている。

 TechCrunchが買収についてAppleに問い合わせたところ、同社広報担当者は「我が社はときおり、 比較的小規模の技術企業を買収するが、多くの場合、その目的や計画について話すことはない」と、買収を実施したときの典型的なコメントを述べたという。

 AppleがFaceshiftの技術をどのように使うかは不明だが、ゲームのアバターや映画のキャラクターアニメーションなどすでに同社技術が利用されている分野のほか、個人識別やセキュリティ関連の顔認識機能を備えた企業向けアプリケーションなどをTechCrunchは挙げている。

 また米GigaOMによると、Faceshiftは拡張現実(AR)分野にも踏み出しており、例えば昨年のハロウィーンでは、トイレの鏡に映った顔が突然怖ろしいピエロに変わるという米Pepsiと英広告代理店AMV BBDOの企画に協力した。

 Appleはここ数年で、イスラエルPrimeSense(関連記事)、スウェーデンPolar Rose、ドイツMetaio(関連記事)など、モーションキャプチャー、顔認識、AR関連の買収を実施しており、Faceshift獲得はこれら分野における取り組みを強化する狙いがあると見られる。