PR
写真●5.5インチのディスプレイを搭載した「Galaxy A7」
写真●5.5インチのディスプレイを搭載した「Galaxy A7」
出所:Samsung Electronics
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国Samsung Electronicsは現地時間2015年12月2日、ミッドレンジスマートフォン「Galaxy A」シリーズの最新モデル「Galaxy A(2016)」を発表した。12月半ばに中国で販売を開始し、その後、世界に拡大する。

 Galaxy A(2016)は、5.5インチの「Galaxy A7」(写真)、5.2インチの「同A5」、4.7インチの「同A3」の3タイプで構成する。Super AMOLEDディスプレイを搭載し、OSは「Android 5.1(Lollipop)」を採用する。A5とA7は指紋認証センサーを内蔵し、Samsungのモバイル決済サービス「Samsung Pay」に対応する。

 いずれも1300万画素のリアカメラ、500万画素のフロントカメラを備え、ともにF1.9レンズを採用。ホームボタンをダブルクリックしてすぐにカメラを起動する「Quick Launch」機能や、自撮りに特化した各種機能を提供する。

 A7とA5はディスプレイ解像度が1920×1080ドットで、動作周波数1.6GHzのオクタコアプロセッサを搭載する。A3はディスプレイ解像度が1280×720ドット、プロセッサは1.5GHzのクアッドコア。

 メモリーはA7が3Gバイト、A5が2Gバイト、A3が1.5Gバイト。いずれも内蔵ストレージは16Gバイトで、最大128Gバイト拡張可能なMicro SDカードスロットを備える。

 こうした手頃な価格で高機能を備えたスマートフォンの投入は、Xiaomi(小米科技)やHuawei Technologies(華為技術)といった中国勢に対抗することが狙いと見られる(米CNETの報道)。Samsungは今週、苦戦するモバイル部門のトップ交代を含む幹部人事を明らかにしている(関連記事:Samsungが幹部人事異動を発表、モバイル部門トップが交代)。

[発表資料へ]