PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは現地時間2015年12月3日、同社の簡易型仮想現実(VR)ヘッドセット「Cardboard」で楽しむための3Dパノラマ写真をスマートフォンで手軽に撮影できるアプリケーション「Cardboard Camera」を発表した。Android版を無償で公開している。

 全方位カメラを持っていなくても、Cardboard Cameraを使えば、スマートフォンで自身の周りをぐるりと撮影するだけで3Dパノラマ写真が撮影できる。Cardboardにスマートフォンを装着して覗けば、撮影時に記録された音声と奥行きのある画像とともに、思い出を追体験できるとしている。

 Cardboard CameraアプリケーションはAndroid 4.4以降で利用可能。17カ国語に対応する。

 Googleは秋にCardboard専用アプリケーションの提供を拡大し(関連記事:Google Cardboard、専用アプリの提供を39言語、100カ国以上に拡大)、Cardboardを用いた学校向けVRフィールドトリッププログラム「Expeditions Pioneer Program」を展開するなど(関連記事:Google、火星にも仮想遠足できる学校向けVR体験プログラムを発表)、VR分野への注力を加速している。

 また、米Facebookはニュースフィードで全天球映像の再生をサポートし(関連記事:Facebook、ニュースフィードで360度ビデオを再生可能に)、Facebook傘下のOculusは韓国Samsung Electronicsと共同開発した99ドルのVRヘッドセット「Gear VR」を11月にリリースしている(関連記事:SamsungとOculus、消費者向け「Gear VR」を99ドルで今秋リリース)。

[発表資料へ]