PR

 インフォアジャパンは2015年12月14日、倉庫管理システムに労務管理や輸送管理などを組み合わせたサプライチェーン実行系アプリケーションソフト「Infor SCE(Supply Chain Execution)」について、クラウド版を日本国内で提供開始すると発表した。利用料金は、ユーザー規模や利用用途によって初期費用や月額価格を個別に見積もる形になる。

 Infor SCEは、サプライチェーンの実行に必要な機能群を一通りそろえた業務ソフトである。倉庫管理システム「Infor WMS」を中核に、労務管理、物流業務を一括して請け負う3PL(サードパーティーロジスティクス)事業の請求処理、輸送管理機能、---を組み合わせている。在庫や倉庫スペース、倉庫で働く人員を最適化することによって、サプライチェーンにおける業務プロセスを合理化するという。倉庫管理に必要な主要機能を網羅しているほか、人手作業の生産性を高めるタスクマネージャー機能などに強みがあるとしている。

 今回、先立って提供しているオンプレミス版のソフトウエアに加えて、クラウド型でも利用できるようにした。米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のIaaS基盤を介して月額制で提供する。クラウド版を選ぶことによって、初期費用や運用費用を抑えて導入できるようになる。