PR

 フジテレビジョンは、放送と同時に4Kのインターネット配信映像を同期再生する実証実験を2015年12月12日に実施した。

 今回の実証実験は、同日4時40分放送の「4Kラウンドスケープ」において行った。対応受信機(ハイブリッドキャストによるMPEG-DASH方式の4K動画再生が可能な一部のテレビ)の画面上に4K切り替えボタンを表示し、ワンタッチで4K配信映像に切り替えて視聴できるようにした。ハイブリッドキャストに加わった新しい4K動画配信技術を用いた世界初の事例という。

 今回の実証実験では、MPEG-DASH方式による4K配信技術とハイブリッドキャストの放送通信連携機能を活用した。番組中に自動起動する連動ハイブリッドキャストアプリにより、放送と4K配信の同期を確立し、配信終了後にシームレスに放送に戻るようにした。また、緊急ニュース発生時に放送からの信号により自動で放送映像に戻す仕組みも搭載し、視聴者の安心・安全を損なわないようにした。

 フジテレビは、ハイブリッドキャストにおけるMPEG-DASH方式の動画再生技術を、現行2K放送のままで4K映像を提供する有望な手法の一つと考えているという。同社は引き続き、ハイブリッドキャストでの動画再生技術について、将来に向けた技術確立を目指す。

[発表資料へ]