PR

 米Appleが台湾に秘密のディスプレイ開発施設を開設していたことが分かったと、米Bloombergが現地時間2015年12月15日に報じた。Appleはこの施設で、iPhoneやiPad、Macなどの同社製品に搭載する次世代のディスプレイを開発しているという。

 Bloombergは事情に詳しい関係者の話として、Appleが目指しているのは、より薄く、軽く、明るく、エネルギー効率の高い製品だと伝えている。そのために同社のエンジニアは、今のiPhoneなどに使用されているディスプレイよりも先進的な液晶ディスプレイを開発している。またAppleはバックライトが不要な有機ELディスプレイ(OLED)にも積極的に取り組んでいるとBloombergは伝えている。

 BloombergによるとAppleの施設があるのは台湾北部の龍潭。この施設は2008年から米Qualcomm子会社Qualcomm Panel Manufacturing(2014年11月に台湾TSMCが買収した)が使用していたが、今年4月にAppleに移管された。現在この施設には50人以上の技術者がおり、Appleは地場のディスプレーメーカーである台湾AU Optronics(AUO、友達光電)や、Qualcommから人材を雇い入れているという。

 Appleはディスプレー技術を直接開発することで、韓国Samsung Electronics、韓国LG Display、シャープ、ジャパンディスプレイなどのサプライヤーの技術への依存度を下げることができる。また自社で製造プロセスを開発することで、AU OptronicsやInnolux(群創光電)といったより規模の小さな地場メーカーに部品を外部委託できるとBloombergは伝えている。

■変更履歴
記事公開時、「Qualcomm Panel Manufacturingを2011年11月に台湾TSMCが買収」としていましたが,正しくは2014年11月です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2015/12/16 13:50]