PR

 住信SBIネット銀行は2015年12月16日、野村総合研究所と共同で、ブロックチェーン技術を活用した将来の銀行向け基幹・業務システムの構築を目的とした実証実験を始めると発表した。

 実証実験では、ブロックチェーン技術を銀行業務向けのシステムに適用する際の検証事項を洗い出すほか、検証用のプロトタイプシステムを構築することで、適用シーンを具体化する。

 実証実験に使うブロックチェーン技術の実装は、オープンソースのブロックチェーンソフト「NEM」の主要開発者である武宮誠氏がCEO(最高経営責任者)を務めるシンガポールDragonfly Fintechが手掛ける。実際には、パブリックブロックチェーンであるNEMと、武宮氏がChief Blockchain Officerを務めるテックビューロが開発するプライベートブロックチェーン「Mijin」を併用して評価・実証する。