PR

 情報通信研究機構(NICT)は2015年12月16日、NICT ワイヤレスネットワーク研究所がテレビ帯におけるホワイトスペースで無線LANの利用が可能なベースバンドICの開発に成功したと発表した。

 今回開発したICは、ホワイトスペースを利用する無線LANの国際標準規格であるIEEE802.11afに準拠する。小型で省電力な通信装置の開発に利用できるという。

 このICを搭載したカード型データ通信装置の試作にも成功した。NICTはこのカード型データ通信装置について、「ベースバンドICの搭載により、これまでに開発したボックス型通信装置と比較して、約40分の1の小型化、約30分の1の軽量化、約15分の1の低消費電力化を実現した。さらに試作開発コストとして10分の1以下の低コスト化を実現」「USBインターフェースを備えており、市販ノートPCからのUSB給電だけで通信が可能」などとしている。

[発表資料へ]