PR

 ジュピターテレコム(J:COM)は、改めて被災地の復興支援に関する活動に取り組みを進めることを決めた。その第一弾として、「募金オンデマンド」による募金活動の再開と、東北の被災地の状況と復興に向けた取り組みを紹介するJ:COMオリジナル番組の「募金オンデマンド」での配信を2015年12月15日に開始した。来年で発災より5年をむかえる東日本大震災の記憶を風化させないという狙いもあるという。

 募金オンデマンドの再開に併せて、配信を開始した番組は「立ち上がれ!若武者たち」と「ダニエル・ゲーデと東北の今」である。前者は、震災と原発事故から大きなダメージを受けた福島県南相馬市で、新たな祭り「サムライフェス」を根付かせて地域に活気を取り戻そうとする若者の取り組みに密着した番組。後者は、震災後に毎年東北の被災者を応援する演奏ツアーを行っているウイーンフィル元コンサートマスターのダニエル・ゲーデ氏の活動を取り上げた番組である。

 募金オンデマンドは、J:COMのビデオオンデマンド(VOD)サービスを活用し、簡単なリモコン操作で募金ができる。対象コンテンツを購入すると、支払い代金のうち消費税を除くすべての収益がJ:COMを通じ対象団体に寄付される。今後も番組タイトルの順次追加を予定する。

 さらに、J:COMのタブレットによる情報提供サービス「くらしのナビゲーション」からも募金ができるようにする仕組みを新たに加える。J:COMは、今後も東北復興を支援する取り組みを拡大、継続していく方針。

[発表資料へ]