PR

 NTTぷららは2015年12月17日、2015年12月8日にケーブルテレビ事業者向け映像配信プラットフォーム事業者であるジャパンケーブルキャスト(JCC)の株式取得に関する基本契約を締結、ジャパンケーブルキャストの発行済株式の20.0%を取得したと発表した。

 今回の株式取得により、NTTぷららとジャパンケーブルキャストは、ケーブルテレビ事業者向け映像配信サービスの拡充を目指して、大きく2項目で協業に取り組んでいく。

 一つは、ケーブルテレビ事業者の利用者に向けた「ひかりTV」サービスの提供である。NTTぷららが提供する「ひかりTV」をカスタマイズし、「ひかりTV with CATV」としてサービスを展開していく。既に先行事例として、NTTぷららとジャパンケーブルキャストは、愛媛CATVと組んで「ひかりTV with 愛媛CATV」の提供を11月に開始している(関連記事)。

 もう一つは、ケーブルテレビ事業者への映像配信プラットフォームのIP化推進である。ジャパンケーブルキャストのプラットフォームを利用する全国のケーブルテレビ事業者に対し、NTTぷららのIP映像配信プラットフォームの提供を進めていく方針。

[発表資料へ]