PR
Credit: Apple
Credit: Apple
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleは現地時間2015年12月17日、オペレーション担当上級バイスプレジデントのJeff Williams氏を最高執行責任者(COO)に昇格させる幹部人事を発表した。

 Williams氏は1998年にAppleに入社し、2004年にオペレーション担当上級バイスプレジデントに就任した。2010年以降はAppleのサプライチェーン、サービス、サポート全体を管轄し、CSR関連の取り組みも指揮した。「iPhone」投入による携帯電話市場参入や、「Apple Watch」の開発でも重要な役割を果たしたという。

 Appleでは、2011年に当時COOだったTim Cook氏が最高経営責任者(CEO)に昇格(関連記事)して以降、COOのポジションは空いたままだった。

 またAppleは、ハードウエアテクノロジー担当バイスプレジデントのJohny Srouji氏を同上級バイスプレジデントに任命したことも明らかにした。Srouji氏は2008年に入社し、初の自社ブランドチップ「A4」の開発を率いた。

 さらに、世界マーケティング担当上級バイスプレジデントのPhil Schiller氏の役割を「App Store」にも拡大する。Schiller氏は、iOS、OS X、watchOS、tvOSの全ソフトウエアプラットフォームにわたる開発者関連のマーケティングも統括することになる。

 そのほか、米大手広告代理店Grey Groupで最高クリエイティブ責任者を務めたTor Myhren氏が、2016年第1四半期にマーケティングコミュニケーション担当バイスプレジデントとして入社する。

[発表資料へ]