PR

 米Microsoftは現地時間2015年12月18日、ビッグデータ分析の米Metanautixを買収したことを発表した。買収額など詳細は明らかにしていない。

 Metanautixは、複数の場所に散在する多様な種類のデータを分析する技術を手がけるスタートアップ企業。「SQL Server」「Oracle」「Teradata」といった従来型のデータウエアハウス、「MongoDB」「Cassandra」などオープンソースのNoSQLデータベース、「Salesforce.com」をはじめとするクラウドサービスが持つデータを統合的に分析できるという。

 MicrosoftはMetanautixの技術をSQL Serverのほか、インテリジェントクラウド「Cortana Analytics Suite」といったデータプラットフォームに利用する。どのような形で取り入れるかは、数カ月のうちに詳細を説明するとしている。

 米PCWorldは今回の買収について、米Amazon.comの「Amazon Web Services」や米Googleのクラウドプラットフォームに対する戦略の強化策の一環だと報じている。

 米TechCrunchによるとMetanautixはこれまでに700万ドルの資金を調達しており、そのほとんどは2012年の創業時に獲得したものだという。

[発表資料へ]