PR

 米Googleは新たなメッセージングアプリケーションの構築に取り組んでいるらしい。複数の海外メディア(英Reuters米Forbes米IBTimesなど)が米Wall Street Journalの現地時間2015年12月22日付けの記事(閲覧には有料登録が必要)を引用するかたちで報じている。

 Wall Street Journalが複数の関係者から得た情報によると、開発中のメッセージングアプリケーションに、Googleが人工知能分野で培ったノウハウを利用し、ユーザーの質問に答えるソフトウエア「チャットボット」を組み込む。

 ユーザーがテキストメッセージで質問を送信すると、チャットボットがWebや他のソースから適切な情報を見つけ出し、ユーザーに回答する。ユーザーはわざわざ検索エンジンで検索したり、個別のWebサイトを訪問したりする必要がない。

 新アプリケーションの開発は、1年以上前からGoogleコミュニケーション担当バイスプレジデントのNick Fox氏が先頭に立って進めているという。アプリケーションの名称やリリース時期については明らかになっていない。

 メッセージングアプリケーションは世界で20億人が利用しているとされ、特に米Facebookの「Messenger」や「WhatsApp」、中国Tencent Holdings(騰訊控股)の「Weixin( 微信)」(英語名:WeChat)は人気が高い。Googleは「Hangouts」を展開しているが、水をあけられている。

 Facebookは、配車サービス「Uber」の車を呼ぶ機能をMessengerに追加するなど(関連記事:Facebook、「Messenger」でUberに車を手配する機能を米国でテスト)、Messengerの拡充に注力している。今夏より試験的にMessengerに組み込まれたパーソナルアシスタント機能「M」は、人間によって訓練・指導されるAIをベースにしており、質問に答えるだけでなく、商品購入などのタスクを実行する(関連記事:Facebook、パーソナルアシスタント「M」を限定テストへ)。

 米Appleも最近、英国のAI関連ベンチャーVocal IQを買収しており、「Siri」の強化を推進すると見られる。Googleは、チャットボット開発の英200 Labsに買収を提案したと10月に報じられたが、関係者の話では拒否されたという。