PR

 米自動車大手のGeneral Motors(GM)とモバイル端末用アプリを使った配車サービス手がける米Lyftは現地時間2016年1月4日、両社が長期におよぶ戦略的提携の契約を結んだと発表した。

 GMはLyftに対し5億ドルを出資し、取締役を派遣する。これにより、GMは車両を貸し出すなどしてLyftのサービス拡大を支援するほか、Lyftとともに自律走行車を使った配車サービスを開発する。

 両社がまず手がけるのは、Rental Hubと呼ぶ自動車の貸し出し施設。Lyftに登録する運転手に対し車両を貸し出す施設を米国の複数の都市に設けるという。同時に両社は自律走行車をオンデマンドで提供するためのネットワークを共同開発する。これには自動運転技術に関するGMの知識と、配車サービスを手がけるLyftの能力を生かすとしている。

 米Wall Street Journalによると、大手の自動車メーカーが配車サービス企業と提携するのはこれが初めて。これまで米Ford Motorの会長がLyftに出資したことはあったものの、それはFordと関連のない自身の投資会社を通して行ったものだという。

 なお同紙によると、Lyftにはこれまで、中国の配車サービス企業Didi Kuaidi Jointや、中国の電子商取引企業Alibaba Group Holding、楽天、著名投資家のCarl Icahn氏などが出資している。

  [発表資料へ]